愛し合う二人の絆の証|愛を伝える方法の一つが結婚指輪の手作りです

愛を伝える方法の一つが結婚指輪の手作りです

新郎新婦

愛し合う二人の絆の証

花嫁

意味を正しく知っておこう

ハワイアンジュエリーは、永遠の愛を誓う婚約指輪や、二人の愛の証である結婚指輪として親しまれています。ハワイアンジュエリーの正式名称は「ハワイアンエアルームジュエリー」と言い、「受け継がれる家宝」という意味でがあり、親から子へ、さらにその子へと代々受け継がれてゆくものです。身につける人を幸福へ導き、災いから守ってくれるお守りとも言われています。ハワイアンジュエリーの特徴の一つである大自然のモチーフにもそれぞれに意味があります。幸福を運んでくる波のスクロール、愛と情熱を表すプルメリア、神聖なる結びつきを表すマイレの葉、幸せを運んでくれる海の守り神であるウミガメのホヌなど、結婚指輪としてはぴったりですよね。

選ぶときの注意点

このように、結婚指輪としての魅力たっぷりのハワイアンジュエリーですが、いくつか注意点があるで紹介します。ハワイアンジュエリーと言えば、その細かい彫刻が大きな魅力です。熟練された職人さんが一つ一つ手作業で施す模様は、世界に一つだけの輝きを持っています。しかし、細かいデザインだからこそ、サイズ直しは難しいとされています。購入する際にはアフターサービスのしっかりしたショップを選び、サイズ直しにきちんと対応してくれるか事前に確認しておきましょう。また、指輪の素材にも注意が必要です。結婚指輪は常に身につけるものなので、柔らかい素材のものを選ぶと、せっかくの美しい彫刻も徐々に薄くなってしまうことがあります。一生を共にする結婚指輪なので、これから先のこともよく考えて選びたいですね。